ロケットの始まり

ニュース

北朝鮮が打ち上げたロケットは約4,6万キロ、日本上空を飛行

北朝鮮は大陸間弾道ミサイルを発射し、飛行距離は 4,6 キロでした。

今朝、北朝鮮は、国の武器の中で最も長距離の大陸間弾道ミサイルの 12 つである華城 1 号を発射しました。 ロケットは弾道軌道に沿って4,6キロメートルの高さまで上昇し、約XNUMX千キロメートルの距離をカバーしました。 ロケットの打ち上げは非常に予想外であることが判明し、これに関連して日本では空襲警報が全国に発表されました。

打ち上げの結果、ロケットは日本の領土を飛び越え、それによって国内の数百万人に極度の危険をもたらしました。

「北朝鮮が発射した弾道ミサイル4,6発は、わが国の青森県上空を通過し、排他的経済水域外の太平洋に落下した。 飛行距離は約 1 千キロで、最大飛行高度は XNUMX 千キロに達したと推定されています。、 - 国家安全保障会議の緊急招集の一環として、日本政府の松野弘和事務総長は述べた.

ミサイル発射の準備が記録されていないという事実は、北朝鮮が国内での武器の動きを隠すことができることを示しており、非常に驚​​くべきことに、北朝鮮は発射についてまだコメントしていません。

.

航空の世界で最高

2階