ニュース

「特別なパスがあれば終了できる」:コロナウイルスによる最も厳しい対策が導入


モスクワでは、コロナウイルスのため、完全な隔離が導入されました-家を離れることは禁止されています。

30月XNUMX日、ロシアの首都の居住者は、年齢や社会的地位に関係なく、自宅を離れることを公式に禁止されています。 これは実際、ロシアの市長セルゲイ・ソビャニンによって報告されたように、首都における完全な孤立の導入についてです。

「大統領とロシア政府、モスクワ政府による決定は、COVID-2019の蔓延を防ぐために、住民の直接の接触を減らすことに大きな影響を与えました。 本日、COVID-2019の大規模かつ急速な拡散を防ぐための追加措置に関する法令に署名しました

明日から、年齢に関係なく、モスクワのすべての居住者に家庭の自己隔離体制が導入されます。 アパートを出るのは以下の場合にのみ許可されます:

  • 緊急(緊急)医療および生命と健康に対するその他の直接的な脅威の申請、
  • 仕事に行く必要がある場合は、仕事に旅行します。
  • 最寄りの既存の店舗または薬局でのショッピング
  • 居住地(滞在)から100メートルを超えない距離でペットを歩く、
  • 家庭ごみを出す必要があります。

そして今後数日間-技術的および組織的対策を実行した後- 特別パスがあれば出国可能モスクワ政府によって確立された方法で発行されました。

今後XNUMX週間にわたって、在宅レジームの遵守と市民の移動に関する確立されたルールを監視するスマートシステムが導入されます。 徐々に、着実に、この状況で必要な管理を強化していきます。

さらに、家政権は市民が都市に来るかモスクワを去る権利を制限しません。 正当な理由なしに街を移動できないというだけのことです。」 - レポート セルゲイソビヤニンのサイト。

当局側のそのような行動が自己隔離とみなされるという事実とは対照的に、特に首都とロシア全体での事件の数が増加しているという事実を考えると、厳しい強制隔離について話すことができます。

情報は確認されていませんが、数日前に特定のカテゴリーの市民が自由に移動できる特別パスの発行に関する情報があったことは注目に値します。

第55条ロシアの憲法...誰によっても取り消されなかった...

ページ

.

航空の世界で最高

2階