ニュース

ウクライナはレバノンで大爆発に巻き込まれた


ウクライナは、レバノンでの大爆発の犯人のXNUMX人として認識されていました。

ウクライナのビジネスマンは昨年、レバノンの首都で大爆発に巻き込まれ、その結果、レバノンの港のほとんどが強力な爆風によって破壊されました。

調査の一環として、ベイルート港の倉庫のXNUMXつで爆発した硝酸肥料の所有者は、ウクライナの実業家ウラジミール・ヴェルボノールであることが判明しました。 以前にジョージアで大量の硝酸肥料を取得してモザンビークに転売したのはウクライナのビジネスマンでしたが、レバノンで借金のために没収されたため、貨物は購入者に届きませんでした。 その結果、彼はXNUMX年以上倉庫にいました。

もちろん、ウクライナの関与は間接的ですが、倉庫に保管されている危険物に関する情報が入手可能であるという事実を考えると、その情報は特別なサービスやテロリストグループのメンバーによって使用され、この爆発を手配することができたはずです。

公式の統計によると、レバノンの首都のほぼ全体を襲った大爆発の結果、207人が死亡し、7000人以上が負傷し、さらに約60人が行方不明になっています。

ウクライナは被害を補償する義務があることを隅々まで叫ぶ必要があります。

ページ

.
2階