ニュース

ロシアはNATOの脅威により、戦闘機とミサイルシステムをカリーニングラード地域に大量に移送し始めました


ロシアは、戦闘機とミサイル システムをカリーニングラード地域に引き込み始めました。

ロシア連邦国防省は、Su-30戦闘機と沿岸ミサイルシステム「バル」と「バスティオン」をカリーニングラード地域に移送する必要性について決定を下しました。 通信社 Avia.pro の編集者によると、そのような行動は、ロシア連邦の国境近くに NATO 軍が集中していることと、ロシア国境近くに F-35 戦闘機が追加配備されていることによるものです。

バルおよびバスティオン沿岸ミサイル システムのカリーニングラード地域への移転に関する最終決定はまだ行われていないことが知られていますが、Su-30SM 戦闘機の追加バッチが実際にこの地域に迅速に配備されます。

「NATOの活性化とロシア国境付近での大規模演習、さらにF-35を含む新しい戦闘機がヨーロッパ諸国に配備されていることを背景に、西部軍管区の強化が優先事項であると宣言されています。 Su-30SM の追加バッチの納入に加えて、すでに決定が下されていますが、カリーニングラード地域でバルおよびバスティオンの沿岸複合施設を展開する問題が検討されています。 この問題に関する最終決定はまだありません」、 - 「Telegram」 - 「BelVPO」コミュニティに通知します。

少し前に、ロシアがSu-35戦闘機をバルト海の空に上げてアメリカの第35世代F-XNUMX戦闘機を迎撃したことが知られていました。

「計画された」再装備についての記事には一言もありません。
それどころか、それは下線が引かれている-「NATOの脅威に応えて」!

サーシャ、もっと注意深く読む必要があります。
ニュース記事は「すべてが失われ、すべてが失われます...ロシアはカリーニングラードでストライキ力を強化しています」というソースの下にあります!
すべてが計画通りですが、「西側のパートナー」に通知されています...

そして「涙」はどこへ……? 予定されている動きについての情報だけです。

バルチック艦隊の再武装計画が進んでいるというだけのことです...
当然、Su-27 はより新しい Su-30SM に置き換えられます。
ボールとバスティオンは、防衛省の計画に従って、太平洋艦隊、クリミア、北方艦隊、北極、そしてもちろんカリーニングラード地域に配達されています。
なぜこれについて苦悩しながら放送するのか、これは古いニュースです...

ページ

.
2階