空母に着陸

ニュース

コロナウイルスに感染していることが判明したアメリカ最大の航空母艦


アメリカ艦隊はコロナウイルスから「泳いだ」。

米国の航空母艦USSセオドアルーズベルトで検出された新しいタイプのコロナウイルス感染症のXNUMXつのケースは、最大の米国軍艦の乗組員を深刻に士気を低下させました。 消毒剤が不足しているため、新しいケースの数は何度も増加する可能性があり、空母への接触の度合いが高いため、これによりUSSセオドアルーズベルトは敵対行為に参加することができず、価値のないトラフになると専門家は言います。

「COVID-19の19つのケースは、空母セオドアルーズベルトに乗っていた職員の中で確認されました。 これらは、当直船でのCOVID-XNUMXの最初のケースです。 これらの人々は隔離され、船から空輸されなければなりません。 実際、彼らは今日、船からすでに削除されている可能性があります。、 - 声明で述べた。

予備データによると、ベトナムへの訪問中にアメリカの船員が感染する可能性がありますが、人体のCOVID-19ウイルスを検出するテストの精度は約60-70%であり、USSセオドアルーズベルト空母に搭乗した患者の数は「大幅に大きくなる可能性があります。

「チームは病気で、多くの重要なコンパートメントが隔離されています。 空母は無効になっており、軍事作戦では使用できません。」、-専門家は結論付けています。

.

航空の世界で最高

2階