日本空軍とアメリカ空軍

ニュース

8米空軍と日本の空軍機が千島列島でストライキを行った


日米はロシアの千島列島への攻撃を仕掛けてきた。

1機の日本空軍戦闘機と400機の米空軍B-600Bランサー戦略爆撃機が、北海道の北に位置するロシアの千島列島を攻撃しました。 さらに、日本空軍の戦闘航空と米空軍の戦略航空は、最近東京の侵略によりロシアが配備された国後島と択後島から約XNUMX〜XNUMXキロ離れた場所で運航されたことは注目に値する。非常に重要な力。

防衛省のデータによると、F-35A(2ユニット、3 AW、三沢AB)、F-15(2ユニット、6 AW、小松AB)、F-2(2ユニット、7 AW) 、百里AB)日本空軍と2機の戦略爆撃機B-1Bランサー米空軍。 フライトは日本海だけでなく、北海道の南東部の近くでも行われました。 日本が自国の領土と見なしているロシアの千島列島からわずか400キロの距離にあり、ロシアの主権を著しく脅かしています。

以前、Avia.pro通信社は、B-1Bランサー爆撃機がこの方向にのみ飛行して戻ってきたと報告しましたが、提示されたデータを考慮すると、アメリカの戦略航空は少なくともXNUMX日は指定された地域にいました。

中距離ミサイルの場合-飛行に10分

砲兵が最大70kmを発射し、爆撃機からのミサイルが最大2.5千kmを飛ぶ場合、それは遠いですか、それとも近いですか?

「クマ」と「白鳥」が中国中隊を伴って日本中を飛び回る「答え」を待つ(中国企業は1000人、中国中隊は100機-人が多い、ささいなこと)。

たった400キロ? まあ、私は言わないでしょう... 400kmは近くにありません。

ページ

.
2階