シンガポール航空航空会社

ニュース

シンガポールでは、点灯した綱引きがほとんど乗客のライナーを燃やした


シンガポールの空港で、航空機の輸送中に、タグボートが発砲しました。

報道機関Avia.proの情報によると、«シンガポール航空»が所有する駐車旅客機ボーイング777-200の場所への輸送中に点火車をけん引。 事件の状況は、しかし、専門家は、現時点ではその責任をこぼした燃料としての役割を果たすことができると考え、であったと確認し、不明のまま。

運が良かったので、緊急事態の結果として、けが人は誰もいなかったが、タグボート自体は完全に燃え尽き、そして火災からの火事は旅客機を部分的に傷つけ、その結果、計画された飛行は延期された。

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階