Iskanderを開始する

ニュース

核兵器はベラルーシに帰るのか?


ベラルーシでは核兵器を配備することができます。

ベラルーシへのロシア連邦防衛省長官の訪中中、セルゲイ・ショイグとアンドレイ・ラフコフは両国の戦略的軍事パートナーシップの話題に触れた。 これは主に、連合国の軍事安全保障を確保するための共同措置計画の実施に関するものであった。

主な問題は、ベラルーシとロシアが安全保障を確保するための適切な措置を講じるべきであるポーランドにおける米軍の配備に関するものであった。

「ポーランド政府が恒久的に米軍部隊を領土に配置する計画は、非生産的であり、安定の維持と地域安全保障の強化には役立たない。 このような状況下では、我々は報復的措置をとることを余儀なくされ、可能性のある軍事的脅威をあらゆる方向に中和する用意をしなければならない」、 - Sergey Shoiguは言った。

それにもかかわらず、専門家によれば、ベラルーシの国境、そして連邦国境の緊張が引き続き高まるため、ベラルーシの領土に核兵器を配備することができるが、この措置は極端であり、西側からの強い軍事的圧力にさらされている。

ロシア連邦の地上部隊が西部軍事地区に、そしておそらく中央軍事地区に武装している、運用上の戦術的ミサイル複合施設「Iskander」の1つまたは複数の旅団のベラルーシへの移転であろう。 1キロメートルのパワーリザーブで時速70キロメートルで、西軍用地帯の12-15 Iskander複合施設の時間は、自らの力でベラルーシに来ることができ、数十分のうちに発砲の準備ができます。 <...>これは最も重要な軍事装備に必要な修理店、および対応するために、一時的な進出、そして永続的に配置、必要性の格納庫ではない場合 - 家の部隊に資金兵舎を。 ベラルーシの残りのインフラストラクチャーは存在し、操縦に十分な余裕があります。- 軍事専門家Alexander Alesinは述べています。

それにもかかわらず、ベラルーシがこのような措置をとる可能性は現実的には現実的ではなく、ロシアのみならず西側とのパートナーシップ関係を持つことを目的としている。

「ベラルーシは平和を愛する国家であり、独占的に自国の利益の範囲内にとどまるよう努めている。 この国の当局は、核兵器がベラルーシの領土に現れ、Iskandersが核弾頭を使う能力を持っているならば、西側の武器はロシアだけでなくベラルーシでも目指されるだろう、ということをよく承知している」、アナリストAvia.proを強調する。

Для особо одарённых - если белорусы хотят получить войну на своей или над своей территорией, то пусть они обороняются своими силами, а если у своей границе с Польшей, то они избегут многих проблем, включая войну на своей территории.

はい、皆を単一の状態にする必要はありません。 オープンな国境と良好な関係があれば十分です。 それを「搾る」ことができる人のためだけに、単一の国家が必要です。ロシアの単純な人口にとってなぜそうですか?

おそらく悪くないかもしれませんが、多くの人がロシアを尋ねています。 彼らはポーランドに近いです。

この場合、ベラルーシはロシア連邦とPuの影響下に完全に落ち、彼らはそれを必要としますか?

それは挑発者

連合国?
アプシスと南オセチアの認識はどうですか? いいえ、「お父さん」は欲しくないですか? それではなぜ "パパ"のオイルとガスが "blatnyh"の価格で売られているのですか?
またはスマート、または美しい、第三はありません。 または組合国、または相互に有益な協力。 軍事的な製品の供給のための制裁は、近所の人をmaydanutym。

その人たちのようなベラルーシ人は悪くはないが、古い人は信頼できないので、罪から離れさせるのが良いだろう。遅れる必要はないと思う。

丸太の戦略は、ロシアにベラルーシを吸収する上で最大の問題を提供するという単純で控えめなものです。
それはこれらのキャラクターラヴロフのことであり、彼の有名なKhe-Kheと言いました。
彼らの背後には、すべてのものが離れていて、彼らの助けがなくてはならないと考えられています。そして、すべてを復元して立ち往生し、郊外をもっと見てみましょう。

この状況のポーランドのビジョンでは、「併合」という言葉は再び聞こえる...しかし、「併合」ではなく、地域としてのベラルーシがロシアの一部になるときには、源泉への復帰は長い間続いていたが、それどころか、ソ連の時代から残された、経済的な意味での、ベラルーシのロシアへの依存を考慮に入れて、むしろ、一国の政府の下で、一人の人々が生きなければなりません!

ページ

航空の世界で最高

2階