ワリッド・ムアルレム

ニュース

シリアは、国連安全保障理事会が即座に米軍を撤収するよう要求している


国連安全保障理事会は、米国が率いる連立をシリアの領土から即座に撤収するよう要求した。

先週土曜日、シリア・アラブ共和国政府は、国連安全保障理事会が、アラブ連盟の領土から米国が率いる連立を即座に撤回するための措置を直ちにとるよう要求した。 これはワシントンの平和なシリア居住者に対する犯罪によるもので、関連する証拠がある。

シリア外務省のウォリッド・モアレム外相は、米空軍の無防備な攻撃のために、62の人々がDeir-e-Zeurのシリアの州で殺害され、約5人の民間人が重傷を負ったと述べた。 米空軍の指揮官は、以前はストライキの誤りを認めていた。これは、国連安全保障理事会が、いわゆる西側連合と米国に対して本当に措置を講じることができることを示している。

一方、アナリストは、これは、米軍が民間人に殴る唯一の事件、特に、アラブ共和国の同じ地域の居住地でリンの弾薬が落下したと以前報告された唯一の事例にはほど遠いと指摘する。 それにもかかわらず、国連安全保障理事会が米国主導の連立に対して適切な措置を講じる可能性は極めて低いものの、専門家は、国連に圧力をかける可能性があると専門家は考えている。

航空の世界で最高

2階