航空S7

ニュース

乗客「S7」は、ボード上の航空機「聖水」を持ち込もうとしました


旅客«S7»航空会社は航空機に搭載持ち込もうとした「聖水」を

飛行機を着陸の準備として、男は全く当然禁止されている流体のこの量の航空機の機内で手荷物として航空会社によって拘束された、と荷物が配達されたことが理由で、ある "聖水"を残すことを申し出た男は、彼が口論を始めた理由航空会社のスタッフと。

Avia.proの報道機関に利用可能な情報によると、起業家のRuslan Borodinは13の不正行為のエピソードで有罪判決を受けていたため、専門家は、スキャンダル全体が航空会社から報酬を得る試みに過ぎなかった可能性が高いとしている航空会社の顧客が液体輸送のルールに慣れていれば、彼は成功することはないだろう。

2階