ファイターF-15

ニュース

レーザー兵器を装備した戦闘機F-15


ロッキードマーチンは戦闘機にレーザー兵器を装備します。

2021によってAvia.pro通信社に利用可能なデータによると、アメリカの会社ロッキード・マーティンはF-15戦闘機にレーザー砲塔を装備するつもりです。 2020は新しい兵器システムの一連のテストを実施することを計画しています、しかし専門家はエネルギー兵器の使用の有効性が高いエネルギー消費のために低くなることを信じています建物です。

とりわけ、航空機でのレーザー兵器の使用はそれらの価値の着実な増加をもたらすことを考慮に入れることが重要であり、それは戦闘機の人気が著しく減少することを意味する。

聞いて、 "戦闘用レーザー"がどれだけのエネルギーを消費するのか想像してください?
それから、加熱はそうなるでしょう、それはこの事を冷却する必要があります。
敵機を破壊するには少なくとも100-150 kWのレーザー出力が必要であることはすでに理論的に計算されています。 大気はレーザーの効率を大いに「放散」します、それでパワーはすでにおよそ200キロワットです。 多くの質問...寸法、質量、冷却システムがあなたがそれをf 15に「統合する」ことを可能にするならば、そうではない理由。 もう一つの問題は、15がどのように飛ぶかということです...科学はまだ知られていません...そして残念ながらレーザーの製作者にとっての敵はレーザーターゲティングシステムに干渉することができます...

ページ

航空の世界で最高

2階