エアバスの生産

ニュース

ドイツは「エアバス」の腐敗を調査し、


大手航空機製造会社周辺では、別のスキャンダルが広がっている。

報道機関Avia.proの情報によると、ドイツ当局は、インドネシア、中国への飛行機の販売に会社«エアバス»の汚職スキームを検討し始めました。 この瞬間、私たちは贈収賄の少なくとも百例を知っている、と被害総額は、順番に、最大の航空機メーカーの周りにさらに別のスキャンダルにつながり、数百万ユーロに達します。

2016年に特定された汚職の事実についてはまだ話し合っていると報告されていますが、そのようなケースは数年前になっても珍しくないことを考慮することが重要です。 これを考えると、会社 "エアバス"は数十億ドルの罰金と様々な制裁を脅かしています。

航空の世界で最高

2階