パイロットは、自分自身を撃墜します。
物品
パイロットは、自分自身を撃墜します。

パイロットは、撃墜しました 自分自身。

事件はアメリカのパイロットと1952年に発生しました。 彼はグラマンF11タイガーを飛びました。 (ご想像のとおり)だけで大砲、ミサイルではないから自分自身をノックしました。 次のようにそれは起こりました。

パイロットは、自分自身を撃墜します。

2000 mm大砲をテストするために、大西洋上の20 mの高さまで上昇し、彼はいくつかのウォーターショットを行いました。 それから彼はアフターバーナーをオンにしてダイビングを始めた。 しばらくして、パイロットは強いプッシュを感じた。 判明したように、発射体は3200 km / hの速度で飛行していましたが、強風のため速度は1400 km / hに低下しました。 そのようなスピードとまったく同じように、戦闘機は加速し、結果として飛行機の軌道と発射体が交差した。

パイロットは、自分自身を撃墜します。

パイロットは脚が壊れて脊髄損傷が少なかったが、生き残ることができた。 この衝突は非常に驚くべきことで、パイロットは衝突が飛ぶ鳥に起こったと考えました。

Avia.pro

まあ、それは幻想の危機に瀕して本当にです...私は逃したい場合は、ロット内の1つの可能性があります...まあそれでも生き残りました!

ページ

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階