富士FA-200エアロスバル。 仕様。 写真。
他の
富士FA-200エアロスバル。 仕様。 写真。

富士FA-200エアロスバル。 仕様。 写真。

富士FA-200エアロスバル - 1968 1986年の期間に日本の航空機メーカーの«富士»製軽量単発単葉機。

フォト 富士FA-200エアロスバル

小航空機富士FA-200エアロスバルの最初の開発は、実際には、航空機は資格のアプローチには、しかし、古い、戦前の航空機に感謝を設計された、1965年の終わりに日本の航空機メーカーによって始まった、と、エンジニアは、航空機だけで航空機の十分な信頼性の高いモデルを作成するために管理されていませんしかし実際には、民間の所有者によって、地域航空会社の操作のために、非常にneprotyazhёnnoe時間ではある搾取のために航空機が適しています。

富士FA-200エアロスバルの写真

航空機のキャビン富士FA-200エアロスバルはかなり小さい寸法にもかかわらず、内部空間は、順番に、それは快適な、この空気中で、飛行の最大距離でも、コンポーネントを空の旅を運ぶために作るこれ、非常に広々とした実行さ、1人のパイロットと3人の乗客を運ぶように設計されており、 1400キロ程度の船。 乗客に加えて、航空機は、富士FA-200エアロスバルも搬送することができる。しかし、この場合には、後部の乗客席の解体を行うために必要とされるパイロットの重量も含めた総重量500 kgで、最大貨物の輸送。

船室 富士FA-200エアロスバル

Fuji FA-200 Aero Subaruのパワープラントは、360 hpで牽引力を発揮できるシングルピストン航空機エンジンAvco Lycoming IO-200(改造Fuji FA-180-180 Aero Subaru)によって表され、185 km / hであり、航空機の最高速度は237 km \ hであり、これは非常に許容できるものである。

年間を通じて続いた全体の生産サイクル、中に18、9日本の航空機メーカーは、飛行性能で主に異なる航空機の異なる亜種を開発しました:

  • 富士FA-200-IIエアロスバル - プロトタイプ、パワーピストンの取り付けと一緒に320 hpでパワーを持つO-160を再生します。
  • 富士FA-200-160エアロスバル - 航空機の主な生産バージョンで、HPのエンジンLycoming O-320 160パワー搭載。
  • 富士FA-200-180エアロスバル - 360 hpで推力を発揮するリーディングIO-180ピストンエンジンを搭載した航空機の改造版。
  • 富士FA-200-180AOエアロスバル - 富士FA-200-180エアロスバルの改良版、マイナーな技術的な変更を伴います。
  • 富士FA-203-S - 限られた長さの地面に離着陸の可能性の単一バージョンの実験機。
  • 富士FA-201 - 小平面のトリプルドラフト版。 生産が開始されました。
  • 富士FA-202 - シーターのスポーツバージョン。 生産工程ではなかったです。
  • 富士FA-203 - ショート離陸と着陸の修正。
  • 富士FA-204 - 農業バージョンは生産に入るません。

仕様富士FA-200エアロスバルは。

  • クルー:1人。
  • 旅客:3人(バージョンによって異なります)。
  • 航空機の長さ:8,17のメートル;。
  • 全幅:9,42のメートル;。
  • 平面の高さ:2,6のメートル;。
  • 空の航空機の重量:650キロ。 (バージョンによって);
  • ペイロード:500キロ。 (バージョンによって);
  • 最大離陸重量:1150キロ。 (バージョンによって);
  • 巡航速度:185キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最高飛行速度:237キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最大飛距離:1400キロ;。
  • 最大飛行高さ:5790のメートル。
  • 航空機エンジンのタイプ:ピストン。
  • Powerplant:Avco Lycoming IO-360(バージョンによって異なる);
  • パワー:180馬力 (バージョンによって)。

航空機の航空会社

Avia.pro

.

航空の世界で最高

2階