ボーイングF / A-XX。 技術的特徴。 写真。
他の
ボーイングF / A-XX。 技術的特徴。 写真。

ボーイングF / A-XX。 技術的特徴。 写真。

ボーイングF / A-XX - 米ボーイング社が設計した無人航空機。

無人航空機モデルBoeing F / A-XXは、偵察の実施、観測やパトロールの任務の実施、地上目標に対する正確な打撃の提供など、さまざまなタスクを実行する多機能航空機です。 必要に応じて、無人航空機もターゲット指定ツールとして使用することができますが、この機材が米国の航空機メーカーによって開発されたにもかかわらず、この無人機は打ち上げられて量産されていませんでした。

アメリカの多目的無人航空機モデルボーイングF / A-XXは、飛行機型の構成で会社«ボーイング»の専門家によって設計されており、その本質的に、このUAVの設計は、開発のコストを最小限に抑えることが可能になった戦闘機F-22、からコピーされました。 無人航空機は、ボーイングF / A-XXがかなり大きな寸法を有し、従って、このデバイスの動作のためにUAVの輸送および操作に多くの問題を引き起こす可能性があり、特別に準備された滑走路を必要とします。

電源部UAVボーイングF / A-XXは、空気を分散することができる二つのジェットエンジンは、980のキロ\ Hの最大対気速度に手段を示す。、有効範囲ミッションは1200キロ、空気3時間の時間の最大の長さをしたとき。

仕様ボーイングF / A-XX。

  • 長さ:不明な;
  • 全幅:不明な;
  • 身長:不明な;
  • 最大離陸重量:不明。
  • 巡航飛行速度:850キロ\ hを;。
  • 最高飛行速度:980キロ\ hを;。
  • 最大飛距離:1200キロ;。
  • 最大飛行高さ:10600のメートル。
  • 航空機エンジンの種類:ジェット。
  • パワープラント:不明。
  • 電源:不明。

その他の無人偵察機

航空機

アンフェタミンの下にある記事の作者ですか? まあ、健康な人は明らかにそのようなことを書くことができませんでした。
「その中心に、このUAVの設計はF-22戦闘機からコピーされ、開発コストを最小限に抑えることができました」 ニトロメタンの後にトローリングや副作用がありますか?
著者はどのように飛行特性を知っていますか? 彼はボーイングまたはロッキード・マーティンで働いていますか? その場合、彼にEPRのラプターを書かせてください、私はあなたに懇願します。

ページ

.
2階