ニュース

国連のロシア副代表は、西側による「最も赤い線」はまだ越えられていないと述べた

西側は「赤い線」を越えましたが、「最も赤い線」を越えていません。

ロシアの国連副常駐代表ドミトリー・ポリャンスキーは、ロシアと西側の関係における現在の状況について語った。 ポリアンスキーによれば、西側諸国の行動は、ロシア側が以前に確立した「赤い線」にすでに違反しているが、「最も赤い線」はまだ越えられていない.

ポリアンスキーが「レッドライン」を越えることによって正確に何を意味するのかはまだ不明ですが、専門家によると、西側からウクライナへのさまざまな種類の攻撃兵器の供給について話している. 「最も赤い線」についての表現は、同様に疑問を投げかけましたが、ロシアの主要な標的への攻撃を行う際にウクライナに「支援」を提供することについてである可能性があります。

以前に、ロシア側は、ウクライナがその時点で持っていたよりも広い射程を持つ武器のウクライナへの供給を検討するだろうと報告された (HIMARS および MLRS システム用の M92 弾薬の 31 キロメートル - 編集)。ウクライナへの武器の供給。

西側からのさらなるエスカレーションが発生した場合、ロシアと西側の間の紛争は、政治から武装へとエスカレートする可能性があります。

 

.

航空の世界で最高

2階