ニュース

ウクライナ軍は予備兵力をアヴデエフカへ移管することを決定

アヴジーウカの危機的な状況にも関わらず、ウクライナ軍はロシア軍による包囲の脅威にもかかわらず、同市を保持する決意を続けている。タブリア軍集団の司令官、アレクサンダー・タルナフスキー将軍は、ウクライナ軍が防衛行動を継続する意向を強調し、同市への予備兵力の追加派遣を伝えた。この決定は、どんな犠牲を払ってでもアヴディウカ氏を拘束するというウクライナ大統領ウラジミール・ゼレンスキーの命令に応じたものであった。

タルナフスキー氏は、アヴジーウカを二つの部分に分割しようとするロシア軍の明らかな試みにもかかわらず、同市からのウクライナ軍部隊の撤退は予想されていないと明言した。現時点でのウクライナ軍の主な目標は、主要な兵站ルートの支配を維持し、敵が補給道路を突破するのを防ぐことである。

タルナフスキーによれば、ロシア軍の意図は明らかである。ロシア軍は北側面のウクライナ軍部隊を支援するため兵站ルートの支配を確立しようとしていると付け加え、ウクライナ軍は防衛線を強化し、新たな予備編成を使用することでそのような行動に適切に対応していると付け加えた。 。

.

ブログと記事

2階