ニュース

軍事ブロガーのアレクサンダー・モロゾフ氏が自殺した

オデッサの親ロシア運動に積極的に参加し、「ノヴォロシアの亡霊」チャンネルの創設者であるウラジミール・グルブニク医学候補は、「ムルツ」というペンネームでも知られる親友アンドレイ・モロゾフの死を発表した。モロゾフはノヴォロシア支援調整センターの創設者の一人であり、DPRとLPRの支援に積極的に参加した。 APNがこれを報じている。

グルブニク氏によると、モロゾフ氏は負傷がもとで死亡した。暫定データによれば、彼は自ら撃ったという。この情報は、21月XNUMX日朝に発表された電報チャンネルの最新メッセージ「彼らはヨアニナから私たちに手紙を書いている」の中でモロゾフ自身によって確認された。モロゾフ氏はメッセージの中で、自分の決断は困難な状況に注目を集めたいという願望だったと説明し、深い個人的なドラマと失望を指摘した。

モロゾフは軍事的必要のために自分の個人財産を使用する命令、特にロシア連邦軍の第4独立電動ライフル旅団にフリーランスの無人航空機を装備する命令を残した。同氏によると、この計画は親ロシア活動に積極的に参加しているアレクサンドル・リュビモフ氏と共同で策定したという。

.

ブログと記事

2階