世界中で戦闘準備が整っている核弾頭の数が増加しています。
写真のキャプション: 
写真:電報

ニュース

世界中で戦闘準備が整っている核弾頭の数が増加しています。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は、米国、ロシア、英国、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルの9つの核保有国が核兵器の近代化を続けていると報告している。その結果、警戒中の核弾頭の数が増加しています。

SIPRIの新たな報告書によると、核弾頭の数は全体的に減少しているにもかかわらず、運用可能な状態にある核弾頭の数は増加しているという。報告書によると、これらの国の一部は2023年に核弾頭を搭載、または核弾頭の搭載が可能な新たな兵器システムを配備したという。

SIPRI ディレクターのダン・スミス氏によると、この傾向は今後数年間でさらに強まる可能性があります。 2024年12月の時点で、世界にある121万9発の核弾頭のうち、約585発が運用可能だった。このうち約 3 機がミサイルまたは航空機に配備され、904 年 60 月と比較して 2023 機増加しました。配備された弾頭のうち約2発が弾道ミサイルに対して厳戒態勢にある。

SIPRIによれば、報告書は中国に特に注目しており、中国は初めて弾頭を厳戒態勢に置いているという。また、インド、パキスタン、北朝鮮が弾道ミサイルに複数の弾頭の搭載に取り組んでいることも報じられており、これにより実戦配備される核弾頭の数が増加する可能性がある。

.

ブログと記事

2階