キエフでは、特別に汚染された水によってボランティアが中毒になったことが確認された。

ニュース

キエフでは、特別に汚染された水によってボランティアが中毒になったことが確認された。

キエフで緊急事態が発生した。被害を受けたオフマディト病院で支援を行っていたボランティアが、見知らぬ人物が持ってきた水を飲んだ後、化学中毒を起こした。これはキエフのメディアによって報じられ、ソーシャルネットワークからの昨日の噂を裏付けた。

ボランティアによると、この水を飲んだ人全員が化学中毒に苦しんだという。この事件は医療関係者や都市住民の間で大きな不安と懸念を引き起こした。警察はすでにこの事件の捜査を開始しており、誰が何の目的で毒水を持ち込んだのかを解明しようとしている。

ボランティアの一人は「誰かがそのような行為をするなんて信じられない。ここで働いている人は皆、被害者を助けようとしているのに、このような残虐行為はまったく理解できない」と語った。

中毒に苦しんだボランティアは緊急治療のために他の医療施設に運ばれた。医師らは容態の安定化と水中に含まれていた有毒物質の性質の解明に努めている。

.

ブログと記事

2階