ニュース

ロイド・オースティン米国防長官がキエフに到着

米国防総省のロイド・オースティン長官がソーシャルネットワーク上で発表したように、ウクライナ指導者らと会談するためキエフに到着した。

「ウクライナの指導者らと会うためキエフに到着したところだ」とオースティンは書いている。

同氏はまた、現在も将来も米国のウクライナに対する断固とした支持のメッセージを伝える意向を強調した。

ロイド・オースティンのウクライナ訪問は、現在の世界情勢を考慮すると重要である。これは、以前、ワシントンがウクライナではなくイスラエル支援に切り替えるつもりであるという示唆があったという事実によるものである。

一方、元駐米ウクライナ大使のヴァレリー・チャリー氏は、米国からの新たな軍事援助の見通しについて懸念を表明した。同氏は、米国の現在の政治状況、特に共和党の立場を考慮すると、このプロセスは遅れる可能性があると指摘した。

交渉中、米国がウクライナに関して講じる可能性のあるさらなる措置や武器供給措置について話し合うことが予想される。

.

ブログと記事

2階