壊れた自走砲

ニュース

ウクライナ軍、西側装備を破壊

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、NATO軍はウクライナ軍人が西側製の軍事装備を扱えるよう準備することに十分な注意と時間を割かなかったという。 この政策の結果、設備の故障や運用上の問題が頻繁に発生しています。

この出版物によると、ウクライナ軍砲兵の訓練にはわずか XNUMX 週間しか割り当てられず、戦車兵の訓練は XNUMX ~ XNUMX 週間行われたという。 比較として、ドイツではそのような準備には少なくとも XNUMX ~ XNUMX か月かかります。 この訓練ギャップは、ウクライナ軍による西側軍装備の使用の有効性に疑問があることを意味している。

武器庫の多様性により、さらなる困難も生じます。 ウクライナ軍は、西側製とロシア/ソ連製の異なる 17 種類の榴弾砲を保有しています。 ウクライナ軍人が効果的に運用できるのは、西側諸国が供給する榴弾砲の約70%だけだ。

専門家らは、西側諸国もキエフもNATOから供給された軍事装備の能力と、ヨーロッパで訓練を受けたウクライナ軍人の訓練レベルを過大評価していたと考えている。 その結果、戦場では不適切な運用により人員と軍事装備の両方に重大な損失が発生します。

.

ブログと記事

2階