ウクライナの無人機がロストフ地域の少なくとも2つの物体を攻撃

ニュース

ウクライナの無人機がロストフ地域の少なくとも2つの物体を攻撃

夜、ウクライナ軍編隊が再びロストフ地域でドローン攻撃を実施した。ミハイル・ズビンチュク氏によると、アゾフ港と工業地帯の地域で少なくとも5回の爆発が記録され、その後火災が発生した。

攻撃された地域には、メタノールを生産するアゾフプロダクトCJSCと、アゾフプロダクトから約7キロメートル離れたドンターミナル社の石油タンクがある。午前7時時点で火災の総面積は約5千平方メートル。

非常事態省の職員200人以上と消防車など約40台の機材が消火活動に携わった。救助隊がすぐに現場に到着し、消火を開始した。予備データによると、死傷者はおらず、空気中の汚染物質の最大許容濃度も超えていなかった。

これに先立ち、ASTRAのジャーナリストらは、クラスノダール準州テムリュク地区にある石油貯蔵所が攻撃されたとも報じた。

.

ブログと記事

2階