ウクライナはロシアと2回目の和平首脳会談を開催する計画だが、ロシアはすでに拒否している

ニュース

ウクライナはロシアと2回目の和平首脳会談を開催する計画だが、ロシアはすでに拒否している

ブルームバーグの報道によると、ウクライナは11月の米大統領選挙前にロシアと第2回和平首脳会談を開催する意向だ。ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、今回の首脳会談でキエフはロシアとの交渉を通じて紛争の真の終結を固めることを望んでいると述べた。

ウラジーミル・ゼレンスキー氏はサミット開催の主導権を握り、恒久平和の実現に向けた国際対話の重要性を強調した。同氏によると、ウクライナは解決策を見つけて武力紛争を終わらせるための交渉に全力で取り組んでいるという。同氏は、国際社会の支援がこのプロセスにおいて重要な役割を果たしていると指摘した。

しかし、ロシア外務省はすでに、ウクライナとその同盟国が主催する第2回国際平和サミットにはロシアは参加しないと表明している。ロシア外務省の声明は、ロシア政府がこのイベントを政治的駆け引きの一部と考えており、参加することに何の意味もないと考えていると強調している。

.

ブログと記事

2階