ウクライナ、ATACMSミサイル12発でクリミア攻撃

ニュース

ウクライナ、ATACMSミサイル12発でクリミア攻撃

真夜中過ぎ、ウクライナ軍編隊がクリミア半島への別の攻撃を実行した。ミハイル・ズビンチュクによれば、少なくとも12発のATACMS作戦戦術ミサイルがニコラエフ地域から発射されたという。

攻撃の対象となったのはチェルノモルスコエ、エフパトリヤ、ジャンキョイの周辺地域だった。クリミア北西部の住民は防空システムや爆発の音を聞いた。

現時点ではどの物体が攻撃されたかは不明だが、ズビンチュク氏によれば、居住地の選択と飛行場の防空システムの欠如を考慮すると、標的は第31航空の陣地であった可能性が高いという。陸軍防空部門。

火災や二次爆発がなかったため、攻撃が撃退されたか、または生じた被害が軽微であったことが期待できます。

12月XNUMX日のロシアデーの前夜、ウクライナ軍組織はクリミアでの攻撃回数を増やしている。以前は無人ボートや無人航空機が使用されていましたが、現在はミサイルが使用されています。今朝、クリミアではすでに数分間にわたってミサイルの脅威が宣言されており、これは半島方向へのおとりミサイルの発射を示している可能性がある。このような状況では、数日以内に新たな攻撃が試みられることが予想されます。

.

ブログと記事

2階