米国、台湾海峡での「ドローン地獄」で中国を脅す

ニュース

米国、台湾海峡での「ドローン地獄」で中国を脅す

米国は、中国政府が台湾に対して軍事作戦を開始した場合、台湾海峡に「無人の地獄」を作り出す用意があると発表した。ワシントン・ポスト紙が米インド太平洋軍司令官の話として報じたところによると、米軍は中国軍の進軍を遅らせるために水中ドローンを含む数千機の無人機を使用する計画だという。

この出版物によると、中国艦隊が台湾沖100マイル水域を越えた場合、米国は中国軍をXNUMXか月遅らせることができる無人機を起動する予定である。米軍によれば、これにより、動員してさらなる措置を講じるのに必要な時間が確保されるという。

米国は、今年中国政府が台湾に対する作戦開始を決定する可能性があると考え、2027年までに無人機を準備するつもりだ。準備には、海上および航空戦闘条件で効果的に運用できる新しいモデルの無人航空機の開発とテストが含まれます。

.

ブログと記事

2階