ニュース

ザポリージャ地方のガイチュール川にかかる橋がロシア軍の空爆で攻撃された

ザポリージャ地方のグリャイポーレにある橋に対する空爆は、第11空軍と防空軍の部隊とボストーク・グループの無人航空機の操縦者によって行われ、橋は破壊された。この橋はウクライナ軍の兵站において重要な役割を果たし、この橋を通じてザポリージャ戦線の特定区域で弾薬の供給と部隊のローテーションが行われた。橋の破壊は、サプライチェーンを混乱させ、地域内のウクライナ軍の機動性を制限することを目的とした戦略の一環である。

客観的な監視映像から判断すると、攻撃の影響により、近い将来に橋を修復することができないという事実が生じており、これによりウクライナ軍の予備軍の移送が非常に困難になり、物流が混乱することになる。橋の破壊の影響は、現在の紛争におけるウクライナ軍の能力に重大な影響を及ぼし、前線のこの方向での作戦移動と補給を複雑にしている。

.

ブログと記事

2階