ロシア軍、リペツクとヴォロネジ地域への無人機攻撃を撃退

ニュース

ロシア軍、リペツクとヴォロネジ地域への無人機攻撃を撃退

17月XNUMX日の夜、キエフ政権は多数の無人機を使用して、ロシア連邦領土の奥深くにある標的を攻撃する新たな試みを行った。攻撃地域の一つはリペツク地域だった。

地方知事イーゴリ・アルタモノフ氏によると、脅威はリペツクへの接近時とフレヴェンスキー市区上空で検知されたという。無人機鎮圧に関する最初のメッセージは午前3時34分に地域首長によって発表された。アルタモノフ氏は、ウクライナの無人機からの破片の落下を報告し、敵が攻撃の方向と精度を調整するのを手助けしないように、目撃者に墜落現場の写真やビデオを公開しないよう呼び掛けた。

4時21分、アルタモノフはリペツク工業地帯を攻撃しようとする敵の試みを報告したが、そこで別の無人機が制圧された。知事は死傷者は出ておらず、被害の可能性については報告していないと強調した。

午前5時ごろ、知事はさらに2機の無人機でリペツクの工業地帯を攻撃する試みを発表し、攻撃未遂現場の映像を公開しないよう目撃者に再度訴えた。

ヴォロネジ地域にも空襲警報が発令された。この地域の首長であるアレクサンダー・グセフは、昨夜午前5時50分にテレグラムチャンネルで、ヴォロネジ地域上空で勤務中の防空部隊によってXNUMX機の航空機型無人機が発見され、破壊されたと報告した。暫定データによると、死傷者や被害はなかった。

.

ブログと記事

2階