ニュース

ロシアのゼラニウム無人機が夜間、オデッサ、キエフ、ニコラエフ、ドネプロペトロフスク地域のUAF目標を攻撃

土曜から日曜にかけての夜、ロシア軍はウクライナの目標に向けて神風無人機を使った夜間攻撃戦術を再開した。攻撃はオデッサ、ニコラエフ、ドネプロペトロフスクなどの地域に集中しており、空襲警報が出され、ウクライナ軍と民間の間に緊張が広がった。

ウクライナ軍空軍の報告によると、無人機のグループは午後22時ごろクリミアから移動を開始し、ドネプロペトロウシク地域からキロヴォグラード地域、そしてポルタヴァへと飛行方向を次々と変えた。攻撃の第23波は30時XNUMX分頃に始まり、追加のドローンが第XNUMXグループに加わり海上から攻撃し、その結果オデッサ地域に空襲警報が発令された。

ウクライナの防空当局によると、夜までにロシアの無人機約5群がウクライナ南部と中央上空を旋回し、午前中にはキエフのほか、ニコラエフ、ドニエプル、オデッサなどの主要都市を攻撃した。地元当局の報告によると、ニコラエフでは不特定の物体が衝突した。ザトカを含むドニエプル川やオデッサ近郊でも爆発が起きたが、攻撃の詳細や被害規模は明らかにされていない。

.

ブログと記事

2階