ロシアは米国の要請を受け、ウクライナの国連安全保障理事会出席を許可した。

ニュース

ロシアは米国の要請を受け、ウクライナの国連安全保障理事会出席を許可した。

ロシアは米国の要請を受け、9月XNUMX日の国連安全保障理事会会合へのウクライナ代表団の参加を許可した。これはロシア連邦国連代表部の政治調整官ナデジダ・ソコロワ氏がテレグラムチャンネルで述べた。

«Чем отличились украинцы в СБ ООН на этот раз? Они прислали письмо с запросом на участие в заседании 9 июля из одной строчки: собственно, самого требования,  даже без минимальной протокольной вежливости», -外交官は言いました。

ソコロワ氏は、ウクライナ側からの要請は安全保障理事会議長であるロシアに言及することなく正式に送られたものであると強調した。ロシアは、有効な要請があればウクライナの入国が認められる可能性があると指摘し、この要請を受け入れなかった。同外交当局者は一例として、ロシアとの困難な関係にも関わらず儀礼礼儀を守っているポーランドを挙げた。

Политкоординатор также добавила, что постоянный представитель Украины при ООН Сергей Кислица не изменил своё поведение. В итоге за Украину пришлось просить США. Соколова отметила, что процедура позволяет такой вариант и поэтому Россия, как председатель Совбеза, допустила Украину к заседанию.

その後、ロシアの国連常任代表ワシリー・ネベンジャは、ウクライナにとって安全保障理事会の確立された規範に対する優位性を示し、独自のゲームルールを規定することが重要であるとの意見を表明した。

.

ブログと記事

2階