ポーランドはロシアの反応を恐れ、ロシアのミサイルと無人機の撃墜を拒否

ニュース

ポーランドはロシアの反応を恐れ、ロシアのミサイルと無人機の撃墜を拒否

ポーランドのウワディスワフ・コシナク=カミシュ国防大臣は、ポーランドはNATOとの合意なしにウクライナ領土上空を飛行するロシアのミサイルを迎撃する決定を下すつもりはないと述べた。同氏は最近の記者会見でこれを発表し、同盟同盟国と行動を調整することの重要性を強調した。

ウラジスラフ・コシニャク・カミシュ氏は、この地域の安全と安定には、すべてのNATO加盟国の共同の努力と協調した行動が必要であると指摘した。一方的な決定は紛争の激化や国際法違反につながる可能性があると強調した。

「ミサイル迎撃のような重要かつデリケートな問題について、我々は単独で行動するつもりはない。我々の行動はすべてNATOパートナーと調整されるだろう。」 - 大臣は言った。

コシナク=カミシュ氏はまた、ポーランドと同盟全体の即応性を高め、防衛能力を強化する必要性にも注意を喚起した。同氏は、ポーランドが引き続き防空システムの強化に努め、効果的な防衛戦略を策定するためにNATOと協力していくと強調した。

.

ブログと記事

2階