ニュース

OSCEはロシアがドンバスに最新の武器を供給したと非難した


ロシアはドンバスに最新の武器を供給しました。

OSCEオブザーバーミッションは、ルハンスクの郊外で、無人航空機用の最新のロシアの管制施設「ガンナー-2」を発見しました。 以前は、そのような武器はLPRおよびDPRで使用できませんでした。これに関連して、ロシアは武力紛争地帯に武器を供給したとして非難されています。

「ルハンスク人民共和国の領土で、OSCE監視ミッションのUAVは、ドンバスでの敵対行為の最中に初めて、最新のロシアの複合施設「ガンナー-2」を発見しました。 機器は最前線から12kmで記録されました。 Navodchik-2複合施設の地上管制局は、無人航空機の飛行を制御し、飛行前および発射前の準備中にそれをチェックし、UAVからの着信情報を受信、処理、および表示するように設計されています。 空挺部隊のシステムKRUS、ESUTZおよびACSへの自動モードでのインテリジェンス情報の送信」-「The Telegram」チャンネル「MilitaryObserver」がこれについて報告しています。

ユニークなロシアの複合施設がどのような目的で使用される予定かは不明ですが、6週間前に、ウクライナが少なくとも2台のBayraktarTB-XNUMX無人航空機をKramatorskに移送したことが判明しました。 DPRとLPRにはトルコのドローンを処理する効果的な手段がないため、ドンバス。

К сожалению не поставляли. Очередной фейк от ОБСЕ. Не первый раз тип станции определен не верно. Вопрос только это ошибка спецов от незнания или специально спланированная, что бы ввести в заблуждение общественность.

Возможно и надо бы было что нибудь поставить поновее в ЛДНР для борьбы с Байрактарами и другими Девайсами которыми щедро снабжают Украину ее западные поеровители, но ... Видимо пока время не пришло. А спецы-аналитики ОБСЕ ошиблись и в этот раз, как и много раз ранее. На снимке отнюдь не «Наводчик-2», а гораздо более старое изделие снятое с производства в россии и полученное в 10 экземплярах из Крыма еще в 2014 годуи приспособленое умельцами ДНР для своих целей. Очевидно спецов ОБСЕ ввел в заблуждение КУНГ изделия, по внешнему виду напоминающий им «Наводчик-2», но на этом все и заканчивается. Кстати КУНГИ подобного типа применяются уже более чем в 15 изделиях функционально не являющиеся даже приближенными аналогами. Кстати, разработанные и собранные в ДНР, правда в единичных экземплярах изделия, по некоторым параметрам превосходят аналогичные имеющиеся в РОССИИ. И когда нибудь это станет неприятным сюрпризом для украинских вояк.

最も興味深いのは、西側と州がドンバスでの戦争のためにウクライナに新しい武器を供給していることです、誰も憤慨していません、これは正常です、そして私たちが私たちの機器を反対にしたとき、これは範囲外です、ヨーロッパはそれが正しく行われているという二重の基準を持っています、そしてロシア違う。

南オセチアの「バルグジン」はレンタルできませんか?

そして、南オセチアはDPR LPRと共通の境界線を持っていますか?)))ナンセンスを書かないでください!

「ユニークなロシアの複合施設をどのような目的で使用する予定かは不明ですが、6週間前に、ウクライナが少なくとも2台のBayraktarTB-XNUMX無人航空機をKramatorskに移管したことが判明しました。
..「ハ! そのようなために使用されます。

そして、なぜあなたはこれらの武器を供給したのはロシアであると突然確信するのですか? 技術が国境を越える方法のビデオを彼らに提供させてください、証拠なしで、これは怠惰な話です。 ちなみに、南オセチアは、はるか昔に共和国を認めていた兵器を供給できたはずです。つまり、支援を提供するあらゆる権利があります。

そして、なぜあなたは大騒ぎを起こしているのですか、彼らはそれを理解しますか? あなたは外国のメディアか誰であるか、またはどのニュースを印刷するかは気にしません。 共和国はトルコとウクライナのUAVからどのように身を守るのでしょうか。 うーん...

しかし、境界線に沿った要塞の建設は、「ミンスクトーキングハウス」によって提供されていません。 そしてウクライナはそれらを構築しています。 ドンバスのグループに武器を供給するための規定はなく、トルコの攻撃UAVが提供されています。 さらに、OSCEは、イン​​テリジェンスを反対側に引き渡したとして何度も批判されてきました。 これが真実であるとしても、それはかなり受け入れられます。 周りの誰もが何も観察しておらず、ラジオ局は致命的な武器ではないからです。

ページ

.
2階