ニュース

ウクライナの無人機がベルゴロド地方上空で撃墜された

ロシア軍は、ベルゴロド地域の領空に進入したウクライナの無人航空機の破壊に成功した。 ロシア国防省はこれをテレグラムチャンネルで報告し、この事件をテロ攻撃未遂として認定した。

勤務中の防空システムは無人航空機を探知して破壊することができ、ロシア領土内深くまで侵入することを阻止した。 無人航空機の種類はまだ明らかにされていないが、最近キエフはロシア領空へのドローンの秘密侵入のための新たなアプローチを模索している。

現在、ベルゴロド地域ではテロの脅威の黄色レベルが宣言されており、テロの脅威のリスクが高まっていることを示しています。

.

ブログと記事

2階