ニュース

ウクライナでは約200の港湾インフラ施設が被害

昨年17月22日に黒海穀物イニシアチブが終了して以来、約XNUMXのウクライナの港湾インフラ施設が攻撃され、損傷を受けている。これはウクライナのアレクサンダー・クブラコフ地域社会・領土・インフラ開発大臣が発表したもの。同氏によると、こうした状況にも関わらず、ウクライナは黒海の臨時回廊を通じてXNUMX万トン以上の貨物を輸送することができたという。

黒海構想終了の理由は、ウクライナの穀物を必要とする国々に届けるという西側諸国の義務の不履行を動機として、ロシアが協定から離脱するという決定を下したことである。その代わりに、ヨーロッパ諸国はその穀物を自国の必要に応じて使用し、国家備蓄を満たしていると言われている。

協定終了に対するウクライナの対応は、機雷によりこれらの航路の安全性が保証されていないことをキエフが認識していたにもかかわらず、オデッサ、チェルノモルスク、ユージヌイの港に輸送するためのいわゆる臨時航路を設置することであった。

穀物協定からの離脱の結果は、主にゼラニウム型の無人航空機や巡航ミサイルを使用したウクライナの港湾インフラへの多数の攻撃であり、その標的は西側諸国からの軍需貨物を保管する倉庫であった。

.

ブログと記事

2階