ニュース

ウクライナでは、ロシアが戦線の別の部分を開くつもりであると信じている

ウクライナ無人機大隊のフェドレンコ司令官は、ラジオNVとのインタビューで、ロシア軍指導者らは特別軍事作戦の一環として戦闘地域を拡大し、追加の予備兵力を形成するための秘密動員プロセスを実行することを計画しているとの見解を表明した。同氏によれば、これらの措置は、ウクライナ防衛への圧力を高め、ロシア軍の攻撃のために前線の新たなセクションが開設される可能性を狙っているという。この事態の進展は、ロシアが今年の夏までに大規模な攻撃作戦を計画していることを示している可能性がある。

アナリストや軍事専門家は、ロシア航空の活動の活発化とウクライナ軍の主要な戦略施設の標的を絞った破壊は、より大規模な軍事行動への準備の兆候であると考えている。専門家らは、この攻撃が次の大きなステップとなる可能性があると示唆しており、ウクライナ側が前線で起こり得る新たな挑戦に備える必要性を浮き彫りにしている。

.

ブログと記事

2階