ニュース

緊急事態は150の米軍基地で宣言されました-コロナウイルスで汚染された何千もの軍隊


アメリカの軍事基地XNUMXか所で緊急事態が宣言されました。すでに数千人が病気になっています。

公式の数字によると、150の州にある41の米軍基地で、軍人と司令部の間でのコロナウイルス感染の活発な拡大により、緊急事態が宣言されています。 現時点では、数千人の感染者について話し合うことができ、軍人の緊密な接触があるため、今後数日で感染者の数は数万人に増加する可能性があるというテストが示されています。

新しい情報によると、150州の41の軍事基地がコロナウイルスの影響を受けた。 国防総省は火曜日に軍隊が3000を超えた感染をしました、そしてそれは一週間未満でコロナウイルスと診断された人々の数を倍以上にしました。 米国の軍隊間の感染の地理的な広がりの規模は、民間人の間の状況を反映しており、弱体化の兆候もほとんど示していません。 米国と他の国の基地の両方で軍人の間でのコロナウイルスの継続的な蔓延は、すべてのマイナーな運動を停止し、募集された基本的な訓練を中断し、大規模な活動を事実上停止させました。 また、運用上のセキュリティを維持する必要性から正当化される厳格な秘密に至りました。 しかし、このプライバシーポリシーは現在、軍事基地周辺のコミュニティと立法府の両方から強い反発を受けています。 米国国防総省の最新のデータによると、制服を着た男女2120人がCOVID-19ウイルスに陽性の結果を出しました。 アメリカ海軍が最も激しく攻撃され、続いて陸軍、空軍、そして最後に海兵隊が攻撃されました。 部門で働く民間人は、制服を着たグループに次いでXNUMX番目に大きなグループを構成し、続いて軍の扶養家族、続いて軍事施設で働く民間請負業者です。 - レポート 「ニューズウィーク」。

ペンタゴンは依然として米軍の大量感染に対応することを拒否しており、それが米軍の大規模な死につながる可能性があることを明確にすべきです。

.

航空の世界で最高

2階