ニュース

イスラエルの大規模な空爆でラファのアル・フダ・モスクが部分的に破壊

ガザ地区のラファ市にあるアル・フダ・モスクは、イスラエル軍による大規模な空爆により部分的に破壊された。襲撃当時、モスクには難民がおり、少なくとも11人が死亡、数人が負傷した。犠牲者は地元の医療施設に運ばれた。アルジャジーラテレビ局によると、イスラエルによる同市空爆の犠牲者の総数は子供を含む50人を超えた。

この出来事は、イスラエルとパレスチナのハマス運動との間で激化する紛争の一環であった。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は以前、ラファでの軍事作戦の準備を発表し、ハマスの戦闘部隊が市内に駐留していることを明らかにした。イスラエル軍によると、この運動の4大隊がラファにある。

イスラエル軍がラファに進入した場合、キャンプデービッド合意は停止される可能性があるとエジプトが警告する中、地域の緊張は高まっている。カイロは、戦闘によって引き起こされるパレスチナ難民の流入の可能性と、ラファを通じたガザ地区への人道支援物資の供給が遮断される可能性について懸念を表明した。

.

ブログと記事

2階