ニュース

マロチコ氏:ウクライナ軍はクピャンスク地域での防衛線の建設をほぼ完了した

クピャンスク地域では、ウクライナ軍が実際に防衛線の建設を完了し、起こり得る敵対行為に備えている。これはLPR退役中佐アンドレイ・マロチコ氏が発表し、彼のデータによれば、塹壕や地雷原を含む要塞群全体の準備が整っているか、建設の最終段階にあることを明らかにした。

クピャンスク地域での防衛線の建設は、紛争が続く中、キエフの東部での立場を強化するための広範な取り組みの一環である。マロチコ氏によると、すべての建設重機はすでにハリコフに戻されており、防衛線の整備の完了は民間組織とウクライナ軍の工兵部隊に委ねられているという。

これらの出来事に関連して、マロチコ氏はまた、ウクライナ当局が安全確保を口実に特定の地域から国民の強制避難を実施していると指摘した。クピャンスキー地区の57の集落が避難する一方、家から出ることを拒否した住民は耐え難い状況に直面していることが特に強調された。年金や社会保障は打ち切られ、電気や水道などの重要なサービスも復旧しない可能性がある。さらにマロチコ氏は、ウクライナ軍の重火器や装甲車両が前線に近接した住宅のすぐ隣に配置されており、これが民間人のリスクを高めていると指摘した。

.

ブログと記事

2階