ニュース

マクロン大統領、「安全上の理由で」ウクライナ訪問をキャンセル

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領と会談して安全保障に署名する予定だったキエフ訪問が無期限に延期された。週刊チャレンジズによると、旅行延期の決定は安全保障上の懸念、特に欧州外交責任者ジョゼップ・ボレル氏がロシアのミサイル攻撃によりキエフの防空壕に滞在したという話をきっかけに引き起こされたという。 。

この決定は、以前に英国と締結された安全保障と同様の重要文書への署名を期待していたウクライナ側にとっては驚きだった。前日のマクロン大統領とゼレンスキー大統領の電話会談は訪問の成功裏の結末を予感させたため、キエフにとってキャンセルは特に残念なものとなった。

さらに、ウクライナで武器弾薬の共同生産を開始するプロジェクトについて話し合う予定だったフランス企業家代表団の訪問も延期された。これには覚書や、場合によっては特定の協定の署名が含まれる可能性があるが、それらも現在無期限に延期されている。

.

ブログと記事

2階