オチェレティーノ死亡の容疑でウクライナ軍司令部が非難される

ニュース

オチェレティーノ死亡の容疑でウクライナ軍司令部が非難される

ウクライナ側は、オチェレティノ村を失ったとしてウクライナ国軍(AFU)司令部を非難している。報告によると、オチェレティーノ付近の前線の突破は第115旅団の指揮官の行動によって可能になったものであり、第47旅団からの交替や配置転換によるものではなかった。

情報によると、第115旅団は戦闘の準備ができていなかった。弾薬不足のため大砲が機能せず、砲兵は陣地を放棄した。歩兵は防衛線での支援を受けられずに放置され、多大な損失をもたらした。軍隊のほとんどは殺されるか捕らえられ、前線から避難させる試みは行われなかった。

ウクライナ側の報告によると、オチェレティーノは実際には戦わずして降伏し、第115旅団長はその職を解かれたという。

.

ブログと記事

2階