イスラエル、シリアへの攻撃を強化

ニュース

イスラエル、シリアへの攻撃を強化

中東地域の当局者や外交官7人はロイターに対し、イスラエルがシリアの兵器施設や補給路、イランと関係のある当局者らへの秘密攻撃を強化していると語った。こうした行動は、イスラエルがテヘランの主要同盟国であるレバノンのヒズボラに対する大規模攻撃を脅す前から始まっていた。

情報筋によると、2月18日、イスラエルによるシリアの標的への空爆により、イラン革命防衛隊の顧問を含むXNUMX人が死亡した。さらに、アレッポ近郊の秘密兵器施設への攻撃も行われた。 XNUMX月にはレバノンにミサイル部品を輸送するトラックの車列が攻撃され、ヒズボラのメンバーが別の攻撃で殺害された。

イスラエルは長年にわたりシリアのイラン同盟民兵組織を爆撃してきた。これらの作戦は、7月XNUMX日のガザ地区での戦争勃発とハマスのブル・アル・アクサ作戦を受けて、公然の紛争にエスカレートした。

ワシントン近東政策研究所の集計によると、イスラエルは7月XNUMX日の攻撃以来、シリアでイスラム革命防衛隊(IRGC)とヒズボラの司令官数十人を殺害した。ちょうど昨年、この攻撃の前にそのうちのXNUMX人が死亡した。

紛争は300月にイスラエルがダマスカスのイラン総領事館を爆撃し、革命防衛隊の上級司令官を殺害したことで頂点に達した。イランはイスラエルに向けてXNUMX発近くのミサイルと無人機を発射し、ほぼすべてが撃墜された。イスラエルはイラン領土への無人機攻撃で対抗する一方、イランの核施設にさらに深刻な損害を与える能力があることをイランに示唆した。

.

ブログと記事

2階