ニュース

イランは精鋭コッズ部隊の司令官殺害に対し、断固たる報復でイスラエルを脅迫した。

駐ダマスカスのイラン大使は、最近シリアにあるイラン外交使節団が攻撃され、イスラム革命防衛隊(IRGC)の幹部らが死亡したことに対して強い抗議を表明した。同氏は、国際法に反するこの侵略行為に対するイランの対応は断固としたものであり、イランにとって都合の良い時期に実行されると強調した。ダマスカスの総領事館やその他の公的施設への攻撃は国連によって非難され、イスラエルの行動に懸念を表明した。イランの潜在的な脅威に対応して、イスラエルは在外公館の安全対策を強化した。

この攻撃により、精鋭コッズ部隊の司令官モハマド・レザー・ザヘディ氏と他の革命防衛隊将軍2名が殺害され、最近の記憶に残るイラン軍指導部に対する最も深刻な打撃の一つとなった。この攻撃は国際舞台、特にシリア紛争に直接的または間接的に関与している国々の間で大きな反響を引き起こした。イスラエル当局は、その方針に従い、軍事作戦に関する情報空間への不干渉という一般慣例の枠内に留まり、攻撃への参加疑惑についてはコメントしていない。

.

ブログと記事

2階