ニュース

FSBはウクライナからEU経由で27個の即席爆発装置の輸入を停止した

ロシア連邦保安局の職員は税関と協力し、聖像や教会の器具に隠された27個の即席爆発物をロシア領土に輸入しようとする試みを阻止することに成功した。爆発物は、ウクライナからルーマニア、ハンガリー、スロバキア、ポーランド、リトアニア、ラトビアを含む多くのEU加盟国を経由して輸送された貨物の中で発見された。

爆発装置に加えて、工業的に製造された70キログラムの高性能プラスチック爆薬、91個の電気起爆装置、およびRPG-7手持ち式対戦車擲弾発射器の一部が押収された。貨物輸送の組織化に関与した襲撃犯が拘束された。プスコフ地域のFSB局捜査部門が開始した刑事事件は現在捜査中である。

同庁はまた、ロシアの法律に従って、外国人を含むすべての共犯者を指名手配し、起訴する意向を発表した。

.

ブログと記事

2階