フランス、ウクライナ人パイロット26人をF-16戦闘機操縦訓練へ

ニュース

フランス、ウクライナ人パイロット26人をF-16戦闘機操縦訓練へ

フランスは2年間でウクライナ人パイロット26人にF-16戦闘機を操縦させる訓練を行う予定で、そのうちの何人かは9月に訓練を終える可能性がある。これはフランス紙ルモンドが報じ、フランス軍がパイロットの訓練期間を短縮し、訓練プログラムの量を削減することを決定したと強調した。

計画によれば、ウクライナ人パイロットの訓練はこれまでの1年半ではなく6か月続くことになる。この決定は、ロシアとの紛争が続いていることを背景に、ウクライナ空軍の戦闘能力を早急に強化する必要性を考慮して行われた。フランスの軍事専門家は、プロセスをスピードアップし、ウクライナのパイロットに必要なスキルを最短時間で提供できるようにプログラムを適応させた。

とりわけ、フランスがミラージュ2000戦闘機の少なくともXNUMX機をウクライナに移管することが知られている。

.

ブログと記事

2階