原子力潜水艦

ニュース

北艦隊の核潜水艦の乗組員とノバヤゼムリヤの駐屯軍はコロナウイルスのワクチン接種を受けました


ロシア軍はコロナウイルスの予防接種を受けました。

ロシア海軍の北艦隊の報道機関は、COVID-19の大流行と戦うために取られた措置の一環として、7600人の軍人と核潜水艦の乗組員、およびノバヤゼムリヤの駐屯軍がコロナウイルス感染に対するワクチン接種に参加したと報告した。 したがって、ロシア軍は彼らの軍隊の戦闘準備と防御能力を維持し、コロナウイルス感染による大量感染の可能性を排除しました。

「まず第一に、注射は北艦隊の軍事司令部の指揮、核潜水艦の乗組員、水上艦と支援船、コロナウイルス感染との戦いの最前線にいる軍と民間の医師によって受け取られました。 ノバヤゼムリヤ駐屯地の軍人と民間専門家のワクチン接種のために600用量のワクチンが、アルカンゲルスク地域のミルニー駐屯軍のために560用量が送達された。、-ロシア海軍の北艦隊の報道サービスを報告します。

現在まで、ロシア軍では非常に深刻な一連の抗パンデミック対策が実施されており、これはロシアの戦略部隊に適用されるものを含め、ユニット内のコロナウイルスによる大量感染を回避することを可能にしますが、コロナウイルスによるNATO艦隊の深刻な問題はすでに観察されています。

.
2階