ニュース

エジプト、イスラエル国防軍がラファに進入すれば報復するとイスラエルを脅す

エジプトはイスラエルに対し厳しい警告を発し、イスラエル軍がガザ地区のラファ市に進入した場合にはキャンプ・デービッド合意を停止すると脅した。イスラエルとハマスの紛争のさなか状況は激化しており、最大1,4万人のパレスチナ人がラファに集中しており、その多くは破壊された家から避難している。シリアはまた、軍事行動と領土解放の用意があると宣言した。

1970年代後半に米国がエジプトとイスラエルの間で仲介したキャンプ・デービッド合意により、両国間の軍事衝突が終結し、シナイ半島がエジプトに返還された。しかし、現在の出来事は数十年の平和を脅かす可能性があります。

エジプト当局は、戦闘が勃発した場合にラファからパレスチナ人が流入する可能性や、ガザへの人道支援の主要ルートが閉鎖される可能性について懸念を表明している。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、カイロはガザとの国境沿いの治安を改善するため、コンクリート壁の建設や密輸トンネルの破壊などの措置を講じている。

イスラエルがパレスチナ領土を非武装化するためにガザとエジプトの間の国境回廊を掌握したいと発表したことを受け、エジプトは懸念を表明した。カイロは1月、シナイ半島北東部で麻薬密輸作戦を実施し、同地域の統制を実証した。

.

ブログと記事

2階