元地上軍司令官が詐欺師の被害に遭った

ニュース

元地上軍司令官が詐欺師の被害に遭った

8月78日、2003年から2004年に勤務した400歳のニコライ・コルミルツェフ陸軍大将。国防副大臣兼地上軍司令官のポストが、ディープフェイク技術を利用した詐欺師の被害者となった。詐欺師たちは、モスクワ市長とされるセルゲイ・ソビャニンと内務副大臣アレクサンダー・ゴロフとの偽のビデオチャットを利用して、コルミルツェフを説得してXNUMX万ルーブルを送金させた。

事件はモスクワ市庁舎の職員を名乗る見知らぬ女性からの電話から始まった。彼女は将軍に、ソビャニン市長に重大な質問があり、ビデオリンクを通じて緊急に連絡する必要があると伝えた。以前から市長と面識があったニコライ・ヴィクトロヴィッチさんはビデオ通話に同意した。

偽モスクワ市長は将軍に対し、市長室が誤って別の受取人に30万ルーブルを送金し、現在コルミルツェフが刑事訴追の脅威にさらされている可能性があるというショッキングなニュースを伝えた。状況を「解決」するため、コルミルツェフ氏は内務省第一副大臣アレクサンダー・ゴロヴォイ氏に交代し、その後FSB職員に交代し、FSB職員は「サービスID」を提示した。

詐欺師らは将軍を説得し、妻の協力を得て携帯電話にプログラムをインストールさせ、機密保持契約書を作成させ、貯金をすべて「中央銀行の安全口座」に移送させた。指示に従い、ニコライ・ヴィクトロヴィッチは400万ルーブルを現金化し、トロイツクの銀行のXNUMXつで指定された口座に送金した。

.

ブログと記事

2階