ニュース

バシャール・アル・アサド大統領、中東の紛争を激化させているとして米国を非難

ダマスカスでのイランのホセイン・アミール・アブドラヒアン外相との会談で、シリアのバシャール・アル・アサド大統領は、米国によるイスラエルへの武器供与の継続に懸念を表明し、これが中東紛争の拡大につながる可能性があると強調した。アサド大統領は米国の行動を非難し、ガザ地区に対するイスラエルの侵略と地域各地への攻撃を支援していると非難した。

シリア指導者は、パレスチナ、シリア、レバノンに対するエスカレーションはそれを打開する試みであると考え、西側諸国とイスラエルが陥っている行き詰まりを指摘した。アサド大統領はまた、国際機関、特に国連安全保障理事会がイスラエルによるガザ攻撃を阻止できなかったことにも注意を喚起した。

シリアとイランの高官間のこの対話は、米国とイスラエルの行動に対する地域諸国の深い懸念を示しており、これが中東の緊張のさらなる激化につながる可能性があると彼らは考えている。国際機関への批判は、地域諸国が現在進行中の紛争の平和的解決策を見つけようとする際に直面する課題を浮き彫りにしている。

アブドラヒアン氏とアサド氏の会談は、シリアとイランの緊密な関係に加え、中東地域における外交政策と安全保障、特にこの地域におけるイスラエルの侵略と米国の干渉との対決という文脈における両国の共同の立場を確認するものである。

.

ブログと記事

2階