他の
SIRSパインRA

SIRSパインRA

 

「Sosna-RA」 - 国内生産の携帯対空砲とミサイルシステム。 その開発の上にFSUE「A.Eにちなんで名付けられた精密工学の設計局」を働きました。 ヌーデルマン それは牽引SOSNA-Aのアップグレードです。

 

開発の歴史

 

軽量のモバイル牽引SOSNA-Aを作成するとき、エンジニアはさらなる改善、近代化、および戦術的および技術的特性の改善のための設計の可能性に投資しました。 近代化の主な方向性として、新しく高度な短距離SAMとターゲットの検出を担う最新のサーマルイメージング装置の使用との複合体の作成および装置が定義されている。

 

精密工学デザイン局。 A.E. Nudelmanは新しい極超音速誘導ミサイルの作成に従事していました。 この作業は、NPO法人TochnostのTula Instrument Engineering設計局とモスクワの精密設計局の統一中に始まりました。 全プロセスを担当するチーフデザイナーはA.Gでした。 Shipunov

 

デザインの特徴

 

Sosna-RAは牽引式プラットフォーム上にあり、モジュラー方式に従って設計されています。これにより、3,5トン以上の吊り上げ能力を持つ牽引式シルト自走車への取り付けが可能になります。 コンプレックスは以下のトラックを使用してけん引されます: "KAMAZ-4310"、 "Ural-4320"、または類似の外国または国内生産の機械を介して。

 

武器の特徴

 

対空砲2 - 38 - (mm×NUMX)ダブルバレル - 主な武装。 彼は最大30キロメートルの高度で動く標的に命中することができます。 装着状態での全機械 - 3 kg。 弾薬 - 230カートリッジ。

 

対空誘導ミサイル9M337「Sosna-R」

 

当初、ロケットはTunguskaミサイル防衛ミサイルシステム用に開発されました。 作業の主な方向 - 被災地の増加、それがロケットのサイズと重量の増加につながりました。 それからロケットはSosnaの複合体に適応し、専門家達は構造の要素と細部を減らす作業を始めました。 レーザー誘導システムを使用することで、小型化が達成されました(古い無線コマンドコマンドの置き換え)。

 

ロケットシステムで使用される誘導システムは、トゥーラ計装工学局で作成された誘導対戦車複合体で使用されていたレーザー誘導システムの動作原理に基づいています。

ZRKパインRA 23

9М337ロケットは、最大3500 mの高度で飛行するターゲットに命中することができ、破壊範囲は1,3から8キロメートルで、最大飛行時間は11秒です。 ロケットは毎秒1200メートルまで加速します。 それは12チャンネルの非接触レーザーヒューズを備えていて、5キログラムの重さの戦闘ユニットを持っています。 輸送および発射容器内のロケット重量 - 36 kg、およびそれなしで - 25 ... 26 kg。

 

ロケットはTunguskaミサイル防衛システムによって使用されるミサイルと全く同じです。 マーチングフットの直径 - 71 mm。 エンジン部のロケットの直径 - 130 mm。 弾薬 - 8 SAM。

 

「パインRA」の特徴

 

  • 重量、キロ - 6500..6700
  • トラクターのタイプ:Ural-4320、KAMAZ-4310
  • クリアランス、mm - 350
  • 高速道路でのスピード、km / h - 最大75
  • 主な武装 - 2А38
  • 追加の武装 - 4 x SUR9М337 "Sosna-R"
  • 長さ、mm - 4990(6800 with dishl)
  • 高さ、mm - 2700
  • 直径、mm - 30
  • 動作原理 - 粉末ガスの除去
  • 仰角 - -6 .. + 85
  • 回転角 - 360
  • 発砲速度、ショット/分 - 2400..2500
  • 銃口速度、m / s 960..980
  • 目標範囲、m:高さ:0..3000; 範囲:200..4000
  • 最大範囲、m:高さ: - 3000以上。 範囲:5000以上
  • 弾薬の種類 - テープ
.
2階