著者の記事
Вертолетная супердержава?ヘリコプターの超大国? Была!だった!

Вертолетная супердержава?ヘリコプターの超大国? Была!だった!

(3月XNUMX日付けの「愛国者」の記事に:「ロシア製のヘリコプターは国を誇りに思う理由です!」)。

Выдержка из статьи: «Сегодня я хочу рассказать вам об очередном высокотехнологичном товаре, который может произвести далеко не каждая страна.記事からの抜粋:「今日は、すべての国が生産できるわけではない別のハイテク製品についてお話ししたいと思います。 Наша с вами страна, которую презрительно называют "страной-бензоколонкой" различные "шуты-гороховые", которые мнят себя экспертами, производит этот товар в очень больших количествах.専門家をイメージした様々な「ピエロピーズ」から「ガソリンスタンド国」と呼ばれている我が国では、この商品を大量に生産しています。

Речь пойдёт о вертолётах.それはヘリコプターについてです。 И в вертолётостроении, хочу я сразу заметить, Россия является не просто заурядным производителем отдельных моделей вертолётов, а настоящей вертолётостроительной супердержавой: одной из двух стран в мире, которая производит полную линейку вертолётов гражданского и военного назначения».そして、ヘリコプター業界では、ロシアは個々のヘリコプターモデルの通常のメーカーであるだけでなく、実際のヘリコプター製造の超大国であり、民間および軍用ヘリコプターのフルラインを生産する世界のXNUMXつの国のXNUMXつです。」

Похвально!称賛に値する! Но меня смущает другое: почему СУПЕРДЕРЖАВА по сей день различное оборудование и пожарные машины с бульдозерами перебрасывает разорительными вертолетами Ми-26, спроектированными 40лет тому назад при том, что «Численность сотрудников (согласно статьи) холдинга составляет около 40 тыс. человек»?しかし、私は別のことに混乱しています。「ホールディングの従業員数(記事によると)は約XNUMX万人である」にもかかわらず、XNUMX年前に設計された破滅的なMi-XNUMXヘリコプターを備えたブルドーザーを備えたさまざまな機器や消防車を今日までSUPERDERZHAVAが投げているのはなぜですか?

Mi-26。 LTH:…貨物の重量(有用)最大。 -20000 kg、...最大飛行速度-295 km / h、巡航飛行速度-255 km / h。 "

Mi-4の最大運搬能力= 6 t。、巡航速度-2 km / h。

そして、それは時間がかかり、私たちの地球の生活条件を変えます、特に、自然災害はますます頻繁になり、あなたは助けを求めて超重量のヘリコプターに頼らなければならないことがますます頻繁になっています。

Mi-2006は救助と回復に使用されました。

GTRKアムール:「2018年26月、丘はブレイスカヤHPPに水を供給するブレヤ川に崩壊し、その水路を封鎖しました。 В результате сократился приток воды в водохранилище электростанции».その結果、発電所の貯水池への水の流入が減少しました。」 И опять работа для Ми-XNUMX.そして再び、Mi-XNUMXのために働きます。

「北極圏のコテルニー島に新しい軍事都市が出現します。 「さまざまな機器、消防車、骨材、燃料補給車を空路でボイラーハウスに輸送する必要がありました。」

極域。

「この北部地域には、世界の有望な石油とガスの埋蔵量の少なくとも20〜25%が含まれています。したがって、近年、北極圏と極北で、軍事、石油、ガス、輸送を目的とした施設とインフラストラクチャの大規模な建設が進行中です。

Для освоения Арктики разрабатывается широкий спектр решений: самолеты и вертолеты на лыжном шасси, средства связи, осветительная техника и ледоколы.北極圏の開発のために、スキーシャーシの飛行機やヘリコプター、通信機器、照明機器、砕氷船など、さまざまなソリューションが開発されています。 Поэтому во многом Заполярье – это тестовый регион для пилотной апробации перспективы технологий – от одежды до сложных механических устройств.したがって、多くの点で、北極圏は、衣類から複雑な機械装置まで、技術の見通しをパイロットテストするためのテスト地域です。 Именно поэтому Госкомиссия по вопросам развития Арктики приняла решение о разработке специального арктического ГОСТа.そのため、北極圏開発国家委員会は特別な北極圏GOSTを開発することを決定しました。

Например, вертолеты.たとえば、ヘリコプター。 Дальность их полета ограничена 500 км в одну сторону, в то время как есть и более удаленные месторождения, например, Штокмановское («ВОРОТА АРКТИКИ»: СПЕЦТЕХНИКА, ОБОРУДОВАНИЕ И РЕШЕНИЯ ДЛЯ ОСВОЕНИЯ ЗАПОЛЯРЬЯ. 26.12.2016).彼らの飛行範囲は一方向にXNUMXkmに制限されていますが、Shtokmanovskoye( "GATE OF THE ARCTIC":SPECIAL EQUIPMENT、EQUIPMENT AND SOLUTIONS FOR THE DEVELOPMENT OF THE POLARREGION。XNUMX)などのより遠いフィールドもあります。

「飛行距離が一方向500kmに制限されている」という理由だけで、上記の場合、26tを宣伝する代わりにMi-20ヘリコプター。 перевозил грузы весом до 13т., а стоимость его летного часа на 2013год была =600.000руб/час.最大XNUMXトンの貨物を輸送し、XNUMX年の彼の飛行時間のコストは= XNUMXルーブル/時間でした。

В настоящее время поднять его производительность, т.е.現在、生産性を向上させます。 снизить стоимость летного часа можно только за счет увеличения крейсерской скорости.巡航速度を上げるだけで飛行時間のコストを削減できます。 В свое время великий конструктор М.Л.かつて、偉大なデザイナーM.L. Миль вертолету Ми-6 увеличил скорость за счет двух факторов: за счет совершенства лопастей несущего винта, что сегодня исключено и за счет установки на вертолет крыльев.マイルは、26つの要因により、Mi-6ヘリコプターの速度を上げました。ローターブレードの完成度が原因でしたが、ヘリコプターに翼が取り付けられているため、現在は不可能です。 Сегодняшний супервертолет Ми-XNUMX летает на той же скорости, что и вчерашний Ми-XNUMX.今日のMi-XNUMXスーパーヘリコプターは昨日のMi-XNUMXと同じ速度で飛行します。

残念ながら、Mi-26ヘリコプターに翼だけを取り付けてもほとんど何も変わりません。実際、古典的なヘリコプターの完璧さの頂点であるため、近代化は役に立ちません。

Вот построить на его базе вертолет поперечной схемы вполне возможно, да по типу Ка-22 с увеличением крейсерской скорости до 350-370км/час.ベースに横型ヘリコプターを構築することはかなり可能ですが、Ka-22タイプで、巡航速度が6〜1,5 km / hまで増加します。 Так винтокрыл Ка-XNUMX одного назначения с вертолетом Ми-XNUMX и с одинаковыми двигателями был на XNUMXт.したがって、Mi-XNUMXヘリコプターと同じエンジンを備えた同じ目的のKa-XNUMXロータークラフトはXNUMXトンでした。 легче, а скорость значительно больше.軽く、速度ははるかに高速です。

Mi-6の平均負荷は= 8tと見なされます。これは、Ka-22の平均負荷が9,5tであることを意味します。 Вот с этой точки зрения и надо сегодня рассматривать возможное проектирование вертолета поперечной схемы.この観点から、今日、横型ヘリコプターの可能な設計を検討する必要があります。

motors-reducer-rotor-Mi-12から既製。 а другой вариант - поставить на крылья по одному двигателю Д-26, что и будет по грузоподъемности настоящей заменой Ми-136!もう26つのオプションは、翼にXNUMXつのD-XNUMXエンジンを配置することです。これは、運搬能力の点でMi-XNUMXの真の代替品になります。

Mi-6に代わるものとして、Ka-102高速ヘリコプターの既成のプロジェクトが長い間ありました。   

(ウィキペディア)。 TV102-92の両方のエンジンですが、92kmの距離にあります。

Ka-92は貨物= 3tを運び、Mi-38 = 1800kgを運びます。 (2020-08-27のレトロヘリコプターを参照)。

ウクラインカ飛行場からのMi-26は、ブルドーザーを300トンもの重さのブレヤ貯水池(S = 20 km)のエリアに輸送しましたが、実際には2013回の呼び出しで、最初のフライトでそれ自体が燃料を供給し、600.000番目のフライトでブルドーザーを供給しました。この燃料で-飛行中! ちなみに、12年の彼の飛行時間のコストはXNUMX万ルーブルでした。 そして、Mi-XNUMXはXNUMX回の飛行で同じブルドーザーを配達したでしょう! 経済的なメリットは明らかですが、面倒な作業ははるかに少なくて済みます。

「ミルがロシアはヘリコプターのために特別に作られたと言ったとき、彼は私たちのオープンスペース、ヘリコプターだけで飛ぶことができる到達困難なポイントを意味しましたが、残念ながら、これはまだ実装されていません」とモスクワ航空のヘリコプター設計部門の准教授は言いますインスティテュート(MAI)ボリスアルタモノフ。

私たちはヘリコプターのためにたくさんの仕事をしています、そして北極圏では、サイズは重要ではありません:同じコテルニーへの超重いMi-12Mは大量の消防車と装備付きのブルドーザーを運ぶでしょう。

А для перевозки грузов с корабля на берег Ледовитого океана на внешней подвеске имеется вертолет Ка-32, на замену которому давно готов проект Ка-32-10АГ, который поднимет и перевезет груза на тонну больше вертолета Ми-171А2.そして、船から北極海の海岸への商品の輸送のために、外部スリングにKa-XNUMXヘリコプターがあり、Ka-XNUMX-XNUMXAGプロジェクトは長い間交換の準備ができており、Mi-XNUMXAXNUMXヘリコプターよりもXNUMXトン多く貨物を持ち上げて輸送します。 К тому же он не боится порывистого ветра!さらに、彼は突風を恐れていません!

そして、より軽いヘリコプターもそこで需要があります:

「前日のモスクワ時間の午後8時頃、保健省は国防省に、コテルニー島からヤクト村への科学者の緊急避難を支援するよう要請しました。 国防大臣はゴーサインを出しました。 22.08.2018時間後、XNUMX人の医療従事者を乗せたRF航空宇宙部隊のMi-XNUMXがティクシからコテルニーに飛んだ。」 (病気の北極探検家はXNUMX年XNUMX月XNUMX日にヘリコプターでヤクートに避難しました)。 そしてここでは、すでにカザンヘリコプターで生産されている、明らかにより収益性の高い「アンサット」です。

Mi-26をベースにした大型トラックで、必然的にKa-102とKa-92に加えて、私たちは真のヘリコプターの超大国になります。 А пока наши восхищения вертолетам прошлого.それまでは、過去のヘリコプターへの憧れ。

Vitaly Belyae、特にAvia.pro用

作者、国の崩壊の非常に長い年月の後、あなたはすべてを最も多く、最も多く持っていたいです。 国は軍事分野ではあるが、生産、科学的可能性、開発を保持しているが、これは時間の問題である

何年ですか? 国はすでに20年間回復しているようです-崩壊の期間のXNUMX倍の長さです。 第二次世界大戦後、私たちの「同盟国」のすべての予測に反して、国ははるかに速く回復し、可能な限り短い時間で数回経済を拡大しました。 そして、控えめに言っても、わが国のヘリコプター産業は、この産業とは関係のない疑わしい過去を持つ人々によって率いられていることに戸惑いを引き起こします。 したがって、あなたは最も多くのことを夢見ることさえできません-それは完全に失われるべきではありません。

Mi-26には12つの最新のエンジンがあり、B-XNUMXにはXNUMXつの廃止されたエンジンがあります。 効率を自分で計算します。

親愛なる、マキシム、実際にはMi-26にはウクライナのものがあり、開発の観点から、エンジンの生産の観点から、したがって現在の状況では、残りの部分と同様に、外国製品の数が最も少ないマシンを選択することは最後ではありません。 Ka-22自体については話していませんが、その可能性のある相続人に加えて、ニクルティとして、多くの特性において、回転翼​​航空機には速度や航続距離などの多くの利点があります。

TVZエンジンはレニングラードで開発され、Motorsichによってウクライナで製造されました。 今、私たちはそれを自分たちで作ります。

マキシム、この記事はB-12の復活を示唆していません。 しかし、同じ最新のエンジンを備えた横型ヘリコプターを構築する時が来ました。
言われていることをよりよく理解するために、ギアボックス(テールとの中間)とシャフトを備えたMi-6テールローターの重量データを示します:一般に、重量はテールブーム自体を除いて約1200 kgで、少なくとも数トンで測定されます! 横方向スキームは一度に10つのテールブームを失い、横方向スキームのヘリコプターの有効負荷がすでに増加し、メインローターからの追加の電力がメインローターに追加されます。 それぞれXNUMX%のネジを締めます。これにより、便利な負荷がトン単位で追加されます。

コンソールの重量はどれくらいになるのだろうか

おじさん、あなたは誰になりますか? フィールドのすべてのgopherは農学者であり、彼の魂のすべての人はデザイナーです。 バッグについての証明もあります、まあ、ロールオーバーする必要があるもの。

USSRのマシンが正常に動作している場合は、それらを使用してみませんか。
Не просто так создавалась гос.корпорация.国営企業はそのように作られたわけではありません。 Новые разработки ведутся полным ходом.新しい開発が進行中です。 Короче - не надо врать!!!!!!要するに-嘘をつく必要はありません!!!!!!

B-26もUSSRからです!
そしてさらに。 171つのプロジェクト:Mi-2A32とKa-10-32AGが同じタスク用に作成されました。 Ka-10-1712AGはより安全で、より多くの運搬能力とより高速ですが、シリーズは発売されました:Mi-2AXNUMX。 あなたは言うことはありません:シリーズの最悪のケースを立ち上げるときにあなたの「国営企業」は何に導かれましたか? そして、USSRはどこにありますか?
ちなみに、嘘について。 「V.ニコラエフ」というニックネームのコストセンターデザイナー:次のことを明確にしたいと思います。まず、Kamovtsyは少し欺瞞的で、Ka-32-11に直面したKa-32A-10の深い近代化について話しました...そして最初のKa-32AM( 2001年以来-Ka-32-10)は今でも一気に近代化と呼ぶことができ、Ka-32-10AG(2007。)は完全に新しいマシンです。 ru /会議。トピック:MVLのKa-12.10.2010ヘリコプター)。
А нового в ней (машине) только фюзеляж и оборудование, которое с течением времени усовершенствуется у любой технике.そして、その中の唯一の新しいもの(車)は、あらゆる技術のために時間とともに改善されている胴体と機器です。 Но самое дорогостоящее: несущий винт, двигатели (одинаковые с Ми-171А2) и редуктор - от Ка-32!しかし、最も高価なのは、メインローター、エンジン(Mi-XNUMXAXNUMXと同じ)、ギアボックスです。Ka-XNUMXからです。

Виталий, можно уже хоть что-нибудь новенькое?ヴィタリー、少なくとも何か新しいものはありますか? А то уже одно и тоже по десятому разу.そしてそれはXNUMX回目も同じです。

また、親愛なる「Kamovets」(私は引用符で書いています)、あなたはおそらく、私たちが一般的にKa-92とKa-102を忘れることを期待して楽しんでいました。 2008年のOh-Oh-Yolopeから時間が経ちましたが、私はそれらについて書き続けています!
さらに:
「最初の92つは多目的ヘリコプターで、メインローター(Ka-97は同軸のもの)に加えて、プッシュプロペラを受け取りました。これは概念的にはアメリカのS-3と非常に似ていますが、後者が実際に存在するという違いがあります。そして長い間飛行してきました。 「(超高速ヘリコプター:ロシアが主導権を握るのか?2018年XNUMX月XNUMX日)。
さて、非常に「微妙な」ヒント:「なぜ私たちはロシア人があまりにも後方にいるので、アメリカのS-92からKa-97スキームをなめるのですか。しかし、それを構築することはできません」? 有名に! 実際には、それは正反対です。彼らは私たちのKa-97からS-92をなめました!

「Kamovets」-そのようなナンセンスな記事を書かないでください、そして私はそれに応じてそのような何かを書く理由がありません! ソビエトユーティリティをリリースしたことで、どれだけ称賛できますか?

ページ

.
2階